まだの人は、今すぐダウンロード>>>無料テキスト「オンラインせどり」


2013年01月11日

出品媒体の選択 アマゾンかヤフオクかモバオクか

自宅の不要品を処分したいとき、ヤフーオークションに出すか、アマゾンのマーケットプレイスに出すか、これは微妙なところです。

出品のしやすさや集客力はアマゾンが結構大きいと思うのですが、価格帯によっては手数料が異常に高い場合があって、売れたのに、アマゾンに税金払っているみたいで、すっきりしないことがあります。

手数料については、本ブログで以前、具体的な数字を示したので、また、見てください。

手数料がいくらになるかは、出品の管理画面で確認は出来ますので、やってみるといいですね。

一方、ヤフオクは、5%の手数料が積み重なって、結構痛いときがあります。10万円の落札があれば、5000円の落札手数料をヤフーに支払わないといけません。

落札手数料を取らないモバオクに出品するのもいいのですが、モバオクは、利用者がヤフオクほどいないのと、若い利用者がおおいので、年配向けの商品などは、ほとんどアクセスがないというのがデメリットです。

DVDとかゲームとかならモバオクは、ヤフオクより高めに売れるかもしれませんね。モバオクはパソコンでも利用できるのですが、ケータイ利用者も多く、一般に、オークションでもアフィリエイトでもケータイのほうがパソコンより成約率が高いといわれています。

オークションやるならモバオク!
posted by アマゾンマニア at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アマゾン マーケットプレイス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61386733

この記事へのトラックバック