まだの人は、今すぐダウンロード>>>無料テキスト「オンラインせどり」


2008年07月28日

アマゾンから陳謝のメールが届く

昨日の意味不明のメールの件ですが、アマゾンから謝罪のメールが来ました。契約を打ち切られたかと思い、不安でしたが、良かったです。

以下がその抜粋です。
「このたび当プログラムよりお送りした2007年10月紹介料についてのマンスリーレポートの内容に以下の誤りがございました。

1.Amazon.co.jp アソシエイト・プログラムにご登録いただいておりますアカウントはクローズいたしておりません。
2.紹介料のお支払いは、最後ではなく、以後規約に則りお支払いは続きます。」  以上


今年最後のNG大賞ですね。どういう経緯でそういう誤りが起こったかまでしらせてくれたら、なお一層いいですけどね。
ヤフーとか、楽天とか、ライブドアとか大きい会社になると、顧客対応が大雑把になってきますからね。

電話窓口を設けていないような企業は、コスト第一で、お客の姿が見えていません。特にヤフーは、すべてコピーペーストのメールでの回答だけですから、アルバイト社員に全部顧客対応させています。

社会保険事務所の窓口も、時間給のアルバイトがクレームを聞いています。なんでもコストだけで、動いていいんでしょうか。商売(ビジネス)公共サービスも、基本は接客だろが、と叫びたくなります。

アマゾンは、翌日の回答ですから、対応は早かったですね。その点は、評価したいと思います。
posted by アマゾンマニア at 18:33| アマゾンでアフィリエイト