まだの人は、今すぐダウンロード>>>無料テキスト「オンラインせどり」


2009年06月24日

三大ショッピングモールの競合時代に突入

久しぶりにアマゾンのサイトを覗くと、商品のラインアップが充実してきた感があります。
 
以前は楽天市場でしか扱っていなかったエバーライフの皇潤エクサボディのコアリズムなどの人気商品もラインアップしています。
 
今や、三大ショッピングモールが競い合う時代になったような気がします。
つまり、楽天市場、ヤフーショッピング、アマゾンですね。
 
店舗数では楽天市場が最大なのでしょうが、通販利用客は、各モールのサービス内容を吟味しつつ、商品価格が一番安い店を探せますから、通販利用客にとっては、お得で便利な時代に入ったといえるでしょう。
 
アマゾンのアフィリエイトリンクというと、何となく野暮ったい商品リンクが典型的でしたが、楽天のように、特定ページを自分のアフィリエイトリンクに設定できるようにもなりましたし、バナーリンクも楽天並みにお洒落になりました。
 
 
 
今日発見した安い商品は、フラコラ500の10本入りです。最安値は、楽天もアマゾンも4200円なんですが、両方とも送料無料で、ポイントが、アマゾンが何と15%(630ポイント)もつくんですね。
 
これには驚きです。
 
posted by アマゾンマニア at 13:37| アマゾンの活用・総論

2008年02月06日

アマゾン 100%活用法

アマゾン(amazon.co.jp)の活用方法

には、3通りあります。
@日常のお買い物に利用する。

  楽天市場と同じですね。アマゾン(amazon.co.jp)だけで、生活のほとんど全商品が揃います。従って、リピーターが多いです。私もリピーターです。

A不用品を出品する。

  不用品の処分と言えば、ヤフーオークションをまず思い浮かべる人がほとんどですが、実は、アマゾン(amazon.co.jp)でも中古品の出品ができるのです。アマゾンマーケットプレイスと呼ばれています。中古本の処分に利用している人は多く、いわゆるセドリで食べている「セドラー」と呼ばれる人たちも、ブックオフの本やCDをここへ流しています。しかし、本以外の普通の中古品でも出品できることは余り知られていません。

Bお小遣い稼ぎをする。

  アマゾンの商品を紹介することで、「紹介料」がもらえます。3%〜ですが、販売数が多くなるにつれ、4%以上に上がります。アフィリエイトのシステムを最初に作ったのはアマゾン(amazon.co.jp)ですが、アマゾン(amazon.co.jp)では、アフィリエイトという言葉は余り使わず、紹介料(=アフィリエイト報酬)とかアソシエイツ・プログラム(=アフィリエイト)という言葉をよく使います。

  Bは、残念ながら「小遣い」程度の収入しか得られません。ですので、アフィリエイトを経験してみたい人の入門としてお勧めです。また、ある特定の嗜好性をもったハウスリスト(メルマガ用のメールアドレス群)を保有している方なら、その嗜好にあった「インスタント・ストア」を作成し、そのアドレスをメールで流すことで、リピーターになってくれる可能性があります。「インスタント・ストア」というのは、例えば、こういうものです。

http://astore.amazon.co.jp/hiroyan5-fx-22

http://astore.amazon.co.jp/classicaaa-22

 
 

 ここから作成できます。
http://astore.amazon.co.jp/netbusinessli-22




これらは、1店30分程度で作成することができます。タグとかはいじれませんので、SEO対策としてはタイトルにキーワードを入れる位ですが、あまり効果はないようです。メルマガを発行している人は、自分の「インスタント・ストア」を紹介することで、多少の効果が期待できますが、普通にブログで紹介する程度では、ほとんど売れません。私の場合も、メールでたまに紹介する程度です。

今年から、紹介料の支払いが月ごとになりましたが、5000円を超えないと、支払ってもらえません。私の場合、今年になって、41点 92,127円の売り上げがありますが、 3,702円の報酬なので、支払い保留(翌月繰越)となっています。販売数が30を超えたので、今の料率は4.25%です。100点を超えると5%に上がります。

アマゾン(amazon)ギフト券として紹介料を受け取ることもできます。この場合は、1500円以上で受け取ることができます。1500円の報酬でも、5万円程度売り上げなければならず、とても儲かる商売ではありません。

1%の楽天アフィリエイトよりましのように思えますが、クッキーの期間が楽天が1ヶ月とすると、アマゾン(amazon.co.jp)は1日しかありません。楽天では、例えば、本のリンクをクリックした人(クッキーを踏んだ人)が、1ヶ月以内に液晶テレビを購入しても報酬になります。楽天アフィリエイトをやっている人は、これが美味しくてやめられないようですね。

posted by アマゾンマニア at 03:15| アマゾンの活用・総論